現代の女性は栄養不足!?〜女性のダイエットを考えるブログ〜 - 浦和のパーソナルトレーニングジム|【公式】BEYOND浦和店

NEWS & BLOG

お知らせ

BLOG

現代の女性は栄養不足!?〜女性のダイエットを考えるブログ〜

2022.10.05

植杉トレーナー
植杉トレーナー

こんにちは!
さいたま市の浦和・南浦和エリアのパーソナルジム BEYOND 浦和店 トレーナーの植杉です!!

今回は女性のダイエットと栄養についての記事です。

仕事や育児に日々追われている現代の生活では多くの女性が知らず知らずのうちに栄養不足に陥っています。

偏った食事やライフスタイルに起因する新型栄養失調はダイエットや健康の観点では深刻な課題の一つです!

そこで本記事では栄養失調の実態や、現代女性に不足しがちな栄養素について解説していきます。

ダイエットや健康を目指す女性は必見です。

1.現代の課題「新型栄養失調」とは?

現代の日本は飽食の時代と言われており、実際にほとんどの方が食べるものには困っていないでしょう。

お腹が空けばコンビニやデリバリーでいつでも飲食ができる便利な時代ですが、こんな時代でも女性の栄養不足は深刻です。

栄養不足というと食料不足によるものが想像されますが、新型栄養失調は単に摂取カロリーが足りないだけでなく特定の栄養素の不足によっても引き起こされます。

栄養失調は本来は貧困者や高齢者の問題でしたが、現代女性においても過度な食事制限や栄養バランスの悪い食生活によって問題になっています。

2.現代女性の食生活

より良い習慣づくりのためにもまずは現代を生き抜く女性の食生活の実態を知ることから始めましょう。

ということでここでは現代人の食習慣について見ていきます。

①朝食を食べない


現代女性の課題一つ目は朝食を食べないことです。

特にダイエット中の方や朝が弱い方はこの傾向が強くなります。

しかし、朝食を抜くことによってダイエットがより効率的に進むことはなく、健康面でのデメリットが大きくなります。

ダイエットの基礎は栄養バランスとカロリーを管理した食事の徹底であり、単純に食事量を減らすことではありません。

早く痩せたくて朝食を抜いている方はダイエット効率と健康との観点から今一度見直してみましょう。

植杉トレーナー
植杉トレーナー

朝食抜きにメリットはほぼありません!

②主食中心の食事


忙しくて短時間で食事を済ませたい方に多いのが主食中心の食事です。

主食(お米や麺類、パンなど)のメインの栄養素は炭水化物で、そこにはたんぱく質や良質な脂質は含まれないことがほとんどです。

こうした主食ばかりの食生活が続くとたんぱく質や脂質、ビタミンやミネラルなどの栄養が不足することによるデメリットが顕在化していきます。

次の項目で現代女性が不足しがちな栄養素について解説していますので参考にしていただき食習慣の改善にお役立てください。

植杉トレーナー
植杉トレーナー

主食・主菜・副菜のバランスを意識しましょう!

3.現代女性が不足しがちな栄養素

現代は女性の栄養失調が深刻とお話ししましたが、具体的にどんな栄養素が不足しているのでしょうか?

その答えは以下の通りです。

・たんぱく質

・ビタミンB1

・ビタミンD

・亜鉛

これらの栄養素は特に現代女性において不足する傾向が強く、冷えやダルさ、偏頭痛や気分の落ち込みなどの不調は栄養失調が原因のケースが多く見られます。

①たんぱく質


◆効果

たんぱく質は三大栄養素のひとつで筋肉や髪の毛、肌や爪などのあらゆる組織を作るもとになる栄養素です。

不足すると筋肉の減少や肌荒れ、髪が細くなるなど、身体機能や美容に悪影響を及ぼします。

◆食品

たんぱく質は肉や魚、卵に多く含まれていますが、多忙の中を生きる現代女性の多くはおにぎりやパンなどの主食のみで食事を済ませる傾向があるため不足しがちです。

肉や魚を食べる時間が取れない場合はコンビニで手に入るプロテインを活用すると良いでしょう。

②ビタミンB1


◆効果

ビタミンB1はブドウ糖からエネルギーを生み出す働きを担っています。

ビタミンB1が不足するとエネルギーの産生ができなくなり、食欲不振や疲労、倦怠感を引き起こします。

また、脳はブドウ糖をエネルギー源として利用するためビタミンB1の不足により脳や神経に異常をきたすこともあります。

◆食品

ビタミンB1は肉や魚、豆や穀物に多く含まれます。

基本的にはたんぱく質を摂る意識をしていれば極端に不足することはないかと思われます。

なお、白米のビタミンB1含有量は精製前の米と比較すると少なくなります。

③ビタミンD


◆効果

ビタミンDはからだづくりをサポートする栄養素です。

ダイエットや健康を意識する上で欠かせない栄養素ですが、偏った食生活では不足しがちです。

◆食品

ビタミンDを多く含む食材は限られており、特に魚から多く摂取できます。

成人女性の1日当たりの摂取目安量を満たすには鮭やさんまを1人前食べる必要があります。

④亜鉛


亜鉛は骨格筋や骨、皮膚、肝臓や脳などに存在する栄養素で、たんぱく質の合成に関わります。

人間の身体に必要な「必須ミネラル16種」のひとつですが、体内では作り出せないので食品からの摂取が必要です。

亜鉛不足は味覚障害や免疫低下、皮膚や爪の疾患を引き起こすため要注意です。

◆食品

亜鉛は肉や魚、大豆製品に多く含まれます。

先述のビタミンと同様に、たんぱく質を意識した食事ができていれば不足のリスクは下がります。

なお、亜鉛は水溶性の栄養素なので調理の際は短時間の加熱や汁ごと食べられる料理にするのがよいでしょう。

4.栄養管理でダイエットと健康を!

ここまでの解説の通り、現代日本はいつでも食べ物が手に入る「飽食」の時代ですが、そんな中でも多くの女性が栄養不足に陥っています。(=新型栄養失調)

新型栄養失調はただ単にカロリーが足りていないということではなく、特定の栄養素が不足している状態を指します。

原因としては手軽に食べられる主食メインの食習慣や、食事を抜くような過度なダイエットが挙げられます。

特に現代の女性においては「たんぱく質」「ビタミンB,D」「亜鉛」の不足傾向が強く、これらは肉や魚、大豆製品を積極的に摂ることで解消できるため、日頃主食ばかりの食事をしている方はぜひ肉や魚などの主菜を日々の食卓に追加してみましょう。

5.確実なダイエットならパーソナルトレーニングジムへ

ダイエットや筋トレで十分な効果を得るには無理のないプランニングと正しい知識が必須です。

しかし、自分1人では正しい情報の選択が難しく、効果が実感できなかったり怪我のリスクが高くなるのも事実です…。

植杉トレーナー
植杉トレーナー

そこでおすすめなのがパーソナルトレーニングジムに通うことです!

筋トレやダイエットでの体づくりには適切な食事と筋トレの習慣が絶対に必要で、正しい食習慣で筋肉の成長や体脂肪の減少を促し、筋トレで筋肉を増やすための適切な刺激を与えることで身体を作ることが筋トレの醍醐味なのです。

しかし、ボディメイクに向けた食事や筋トレは、正しい知識がないとほぼ不可能です。

インターネットやYouTubeで手に入る情報は効果が不確かであったり、自分には合わないものであることも多いのが現実です。

そこでパーソナルトレーニングジムの出番です。

パーソナルトレーニングジムであれば、ダイエットやボディメイクのプロから自分に合った食事やトレーニングを教えてもらえます。

また、精神面でのサポートもしてもらえるのでボディメイクの成功確率が高いのがパーソナルトレーニングジムの魅力です!

確実に筋トレやダイエットを成功させたい方はパーソナルトレーニングジムを検討するのがオススメです。

なお、浦和や南浦和の周辺でダイエットやボディメイクをしたい方、パーソナルトレーニングジムを探している方には

BEYOND 浦和店

がオススメです!

◆業界屈指のトレーナーによる確実なダイエット・ボディメイク実績

◆3食食べて確実に痩せられる食事指導

◆どんな方でも通いやすい豊富なコース

などなど魅力がいっぱいのパーソナルトレーニングジムです。

無料カウンセリングまたは体験トレーニングで最適なプランニングをいたします。

まずはお気軽にお問い合わせください!