【夕方になると脚が浮腫む!?】脚の浮腫みの原因と解消方法とは?〜浦和駅から徒歩7分のパーソナルジム 〜

NEWS & BLOG

お知らせ

BLOG

【夕方になると脚が浮腫む!?】脚の浮腫みの原因と解消方法とは?〜浦和駅から徒歩7分のパーソナルジム 〜

2021.10.03

こんにちは!

BEYOND(ビヨンド)ジム浦和店です。

みなさん

脚の浮腫み

でお悩みではないですか?

「夕方になると脚がぱんぱんになる」

「ヒールで出かけると浮腫みがでる」

このような悩みを持っている女性は多いはずです。

今回は浦和のパーソナルジムの現役トレーナーが脚の浮腫みとその解消方法について詳しく解説していきます!

記事の後半ではBEYOND(ビヨンド)ジム浦和店からのお知らせがありますのでダイエットや姿勢改善に興味のある方は是非最後までご覧ください。

【浮腫みってなに?】

①浮腫みとは

そもそも浮腫みとはなんなのでしょうか?

浮腫とは、皮下組織(皮膚の下部)に水がたまった状態を指します。

要するに、身体に余分な水分が溜まってしまうと浮腫みという症状がでてくるのです。

浮腫みが強い時は足やすねなどを指で圧迫する(押さえる)と、その痕(あと)がなかなかもどらないような状態になることがあります。

このようなケースでは身体に正常な時の体重の5~10%以上の水分の貯留があると言われています。

つまり、ふだんの体重が60kgの人がむくみを認めた場合、体重は63~66kg以上に増えているということになります。

②浮腫みやすい部位

次に、浮腫みが出やすい部位について解説します。

ずばり、浮腫みやすい部位とは「ふくらはぎ」です。

ヒールを履いた日やたくさん歩いた日、あるいは夕方になるとふくらはぎがぱんぱんに浮腫んでしまった経験をお持ちの方は多いでしょう。

浮腫がふくらはぎに見られやすいのは、水分が重力の関係で身体の下の方へたまりやすくなるからです。

ですから、寝たきりの人であれば、浮腫は背中や顔に出やすくなります。

また、身体にたまる水分が体重の5~10%に満たない時は、むくみは目では見えませんが、体重は増加してきます。

このような場合を潜在性浮腫(せんざいせいふしゅ)といいます。

ここまでをまとめると、浮腫は何らかの原因で身体に水分がたまった状態を指します。

また、浮腫みは人間の進化の過程で見られるようになったという説があります。

人類が二足歩行を始めた瞬間から重力に逆らって足の血液を心臓にもどすのに大きな負担を強いられるようになり、人類と足のむくみとは無関係でいられなくなりました。

つまり、人類と浮腫みはうまく付き合っていくしかないということですね…。

浮腫みの原因について血管外科が解説しているページです。

浮腫みについてより理解を深めたい方はぜひご覧ください⬇️

【浮腫みの原因とは?】

浮腫みには様々な原因がありますが、代表的なものをいくつか紹介していきます。


①長時間同じ姿勢でいること


立ち仕事やデスクワークなどでずっと同じ姿勢の状態でいると、ふくらはぎの動きが少なくなり、ポンプ機能がうまく働かなくなってしまいます。

その結果、足の血液が心臓に戻りにくくなり、むくみに繋がります。

靴下の跡がいつまでも残る方はこのタイプかもしれません。


②運動不足


運動不足もまた浮腫みの原因となります。

運動不足によってふくらはぎの筋肉が衰えると、ポンプ機能が低下して足の血液を心臓へ送り戻す効率が悪くなります。

その結果ふくらはぎに余分な水分が溜まって浮腫みとして現れます。


③塩分の摂りすぎ


味の濃い、塩分の高い食べ物を摂りすぎるとむくみの原因となります。

塩分には水分を抱え込む性質があるため、塩分を摂りすぎると余分な水分をうまく排出できなくなり、体の中に溜まってしまいます。


④冷え


身体の冷えも浮腫みの原因となります。

冷えにより血行不良となり、足の毛細血管まで血液が循環しなくなります。

その結果、血液やリンパの流れが滞ってしまい浮腫みにつながってしまいます。

【浮腫みの解消法】

浮腫みの原因がわかったところでいよいよ解消法の解説に移っていきます。

どれも手軽に行えるものばかりなので浮腫みでお悩みの方はぜひ取り入れてみてください。


①一定の姿勢をとらないでこまめに体を動かす


デスクワークなど、同じ姿勢でいることが多い方はこちらの方法が効果的。

先ほど解説した通り、同じ姿勢が続くと血流が滞ります。

10分おきに一度立ち上がったり軽いストレッチをするなどして血液の循環を促進していきましょう。


②運動する


運動もまた浮腫み予防に効果的です。

先ほどの「こまめに身体を動かす」との違いは「浮腫みを予防できる」点です。

こまめに身体を動かすのは浮腫みへの対処法として有効でしたがこちらはそもそも浮腫みが発生しないような身体を作ることが目的です。

ウォーキングや太もも、ふくらはぎのトレーニングなどの下半身を使う運動を習慣化することによって下半身の筋肉が増えたり、血流が良くなったりといった

浮腫みにくい身体を手に入れられます。


③お風呂などでよく暖める


冷えによる血行不良が原因の浮腫みにはお風呂が効果的です。

38度〜40度程度のぬるめのお湯に浸かることで疲労回復にもつながります。

普段はシャワーで済ませている方もぜひ浴槽に浸かってみてください。


④筋膜リリースをおこなう


ふくらはぎが浮腫みやすい原因の一つに「筋膜の癒着」があります。

筋膜とは、全身を包んでいる膜のような組織です。

この筋膜のコンディションが悪くなる(癒着する)と浮腫みや体の柔軟性の低下などの悪影響が出始めます。

そんな筋膜の状態を改善するには「筋膜リリース」が有効です。

フォームローラーというアイテムを使用して浮腫が気になる箇所をゴリゴリとほぐしていきます。

はじめは痛みが強く感じられることがありますが、継続していくことで痛みは少なくなり、それと同時に浮腫みも取れていきます。

筋膜リリースの概要はこちら⬇️

https://muellerjapan.com/triggerpoint/about/index2.php

筋膜リリースの詳しいやり方は下記リンク⬇️からご覧ください。

オススメのフォームローラーはこちら⬇️

【まとめ】

いかがでしたか?

浮腫みには様々な原因があり、原因によって対処法は変わってきます。

ご自身の浮腫みのタイプを把握してしっかりと改善させてしまいましょう!

【ダイエット、体のお悩みはBEYONDジム浦和店にお任せ!】

ダイエットがうまくいかない…

肩こりや腰痛、浮腫みが気になる…

そんな方はぜひBEYOND(ビヨンド)ジム浦和店にお越しください!

BEYOND(ビヨンド)ジム浦和店のトレーナーは全員がボディコンテストでの実績があり、トレーナー自身もトレーニングと食事管理で理想の体を体現しています。

実績を持つトレーナーからマンツーマンでトレーニングと食事指導を受けられる為、安心してダイエット・ボディメイクを進められます。

メリハリのある美しい体を手に入れることができるBEYOND(ビヨンド)ジム浦和店では、女性の憧れである丸みを帯びたヒップの作り方や、男性が憧れる引き締まった身体の作り方など、豊富なトレーニング知識を持つトレーナーがあなたのなりたい理想の身体へとサポートしていきます。

➡️ 体験・カウンセリングはこちらから

「開放感のある空間」「手ぶらで通える手軽さ」「実績のあるトレーナーによる指導」などなど魅力が盛り沢山のBEYOND(ビヨンド)ジム浦和店…

理想の体を実現したい方や体のお悩みをお持ちの方、パーソナルジム をお探しの方はぜひ下の「HP(ホームページ)」から「体験」または「無料カウンセリング 」のご予約を!



SNSやメールはこちら⬇️

お役立ち情報はこちら⬇️