.

【危険】食べないダイエットは失敗する!|浦和で人気のパーソナルジム ブログ

こんにちは。

さいたま市浦和にあるパーソナルジム BEYOND(ビヨンド)ジム 浦和店 トレーナーの植杉です!

皆さん

食べないダイエットで失敗した経験はありませんか?

厳しい食事制限は短期間で痩せられるイメージがありますが、実際はかなり非効率な行為なのです。

むしろ、食べないダイエットが原因でより太りやすくなったり健康に悪影響を及ぼすことも少なくありません。

本記事では食べないダイエットについて解説していきます。

食べないダイエットの危険性を理解していただき、正しいダイエットを行えるきっかけになれば幸いです!

1.食べないダイエットとは?

食べないダイエットに明確な定義はありませんが、筆者の見解としては

摂取カロリーが基礎代謝を大きく下回るダイエット

がこれに当たります。

基礎代謝は当然個人差がありますが、基本的には1,000kcal以上であることがほとんどです。

そのことを考慮すると1,000kcalを大幅に下回るような摂取カロリーの食習慣は食べないダイエットに該当すると考えて良いでしょう。

2.食べないとどうなる?

結論から言うと、食べないダイエットの先に待っている結末は

痩せるのではなくやつれている状態

と言うべきでしょう。

①筋肉が減少する


摂取カロリーが極端に不足していると、身体は生き抜く(動く)ためのエネルギーを筋肉を分解することで補います。

筋肉が分解されて筋肉量が減少すると、「見た目のメリハリがなくなる」「基礎代謝が下がり太りやすくなる」

といった事態を引き起こします。

カロリーを減らすことばかりに気を取られると筋肉量の減少に伴う重大な事態に直面することになります。

生き抜く(動く)ための必要なエネルギーは必ず摂るようにしましょう。

②髪や肌が荒れる


厳しい食事制限によって髪の毛や肌のトラブルにあった経験を持つ方はかなり多いはずです。

髪や肌、爪などは新陳代謝(細胞を入れ替えること)によって綺麗に保たれています。

しかし、食べないダイエットでカロリー不足が続くと、新陳代謝に使うはずのエネルギーを基礎代謝(生き抜くため)に使うようになります。

新陳代謝が上手くいかないと髪や肌は生まれ変わることができなくなるためどんどんハリやツヤが失われていくことになります。

綺麗な身体になりたくてダイエットをしているのに髪や肌のハリが無くなってはもったいないです。

③継続が困難かつリバウンドしやすい


食べないダイエット中は当然強い空腹感と戦うことになります。

強い空腹感は人間にとって大きなストレスとなり、このような生活は長続きしません。

無理な食事制限の先に待ち受けているのは過食(リバウンド)という運命です。

過度な食事制限で栄養が不足した体は大量の栄養を欲します。

これが原因でほとんどの人が過食に走り、ダイエット前の体重もしくはそれ以上にまで戻ってしまうケースが多くなります。

痩せたくて行った食事制限で元より太ってしまっては元も子もありません。

計画的な食事を心がけましょう。

3.計画的なダイエットとは?

ここまでの解説で過度な食事制限(食べないダイエット)の危険性は十分にご理解いただけたはずです。

ダイエットを成功させるにはきちんと計画的な食事プランを立てていくことがなにより大切になります。

ここからは計画的な食事プランについて解説していきます。

今までなんとなくでダイエットしていた方はちょっとした意識でダイエット効率はかなり変わるはずです。

①1日の消費カロリーを知ろう


ダイエットの食事プランにおいて最初にすべきことは

1日の消費カロリーを知ること

大前提として、ダイエットのためには

消費カロリー>摂取カロリー

の食事が必要です。

この大前提を守るためには、自分が1日にどのくらいのカロリーを消費しているかの把握が必須となります。

消費カロリーは個人差があるものですが、身長や体重、ライフスタイルなどから概ねの値を知ることはできます。

消費カロリーの計算はこちらでできます↓

②摂取カロリーを決めよう


1日の消費カロリーがわかったら次は摂取カロリーを決めていきます。

摂取カロリーとはシンプルに飲んだり食べたりして摂ったカロリーのことです。

摂取カロリーの決め方は体重を落とすペースに応じて決めていきます。

具体的な数値で言えば

-2kg/月の場合 (消費カロリー)-500kcal

-3kg/月の場合 (消費カロリー)-700kcal

このような目標値になります。

消費カロリーが2,000kcalの人が月に2kg落としたい場合の摂取カロリー目安は約1,500kcalとなります。

食べないダイエットでは摂取カロリーが1,000kcalを下回ることが多く、それがいかに栄養不足かが分かります。

③運動でカロリー消費を!


ダイエットで忘れてはいけないのが適度な運動です。

消費カロリー>摂取カロリー を満たすのは食事だけでも可能ですが、運動で消費カロリーを増やすことも大切です。

運動をしないと消費カロリーが少ないため、それだけ摂取できるカロリーも少なくなってしまいます。

摂取できるカロリーが少ないということは、ビタミンなどの栄養素の不足食事量が少ないことによるストレスが大きくなるといったリスクが高くなります。

栄養不足を防ぎつつ精神的ストレスを軽減するためにも適度な運動でカロリーを消費しましょう。

運動といってもハードかつ長時間である必要はありません。

まずはウォーキングやジョギングのような軽めの運動を20分程度からはじめてみましょう。

慣れてきたら筋トレも併せて取り組めば引き締まった美しい身体が手に入ります。

4.食べないダイエットは卒業しよう!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

食べないダイエットは筋肉の減少肌荒れリバウンドなどのリスクが非常に高いやり方です。

早く結果を求めるばかりに無理なダイエットを行うことはかえって遠回りになります。

確実な成果を求めるのであれば計画的なダイエットが必須です。

本記事の内容を基に確実なダイエットを進めていきましょう!

5.浦和でダイエットするならBEYOND(ビヨンド)ジム 浦和店へ

正しいダイエットの方法が分からない

途中で挫折したことがあるから1人でやっていくのが不安…!!

このようなお悩みのある方はぜひBEYOND(ビヨンド)ジム 浦和店へお越しください!

当店ではひとりひとりに合った食事と運動メニューで無理なく確実な成果を出していただけます。

お客様ビフォーアフター

年齢や性別問わず、確実になりたい身体に近づける当店にぜひお越しください!

ダイエットやボディメイク、筋肉をつけたいなどなど、どのような目標にもしっかりお応えします!

まずは体験トレーニングやカウンセリングで私たちに目標やお悩みをお聞かせください。

【筆者情報】

さいたま市の浦和にあるパーソナルジム BEYOND(ビヨンド)ジム浦和店トレーナーの植杉と申します。
24時間ジムでの店舗責任者兼トレーナーとして活動したのちパーソナルトレーナーとしての
活動を始めました。

ダイエットやボディメイク、筋肉をつけたいなどのさまざまなご要望に沿った食事指導と運動指導を行なっています。

本記事が皆さんのより良い人生の助けになることを願っております!

【コンテスト経歴】
・NPCJ men’s athlete model 優勝
・NPCJ men’s physique novice 優勝
・APF men’s physique 3位